» 製菓専門学校の閉校が進むのはパティシエ にとってチャンス!
 » 製菓専門学校の閉校が進むのはパティシエ にとってチャンス!

現役洋菓子店経営者だからわかる
パティシエに役立つリアルな情報をお届けします。

パティシエとしての技術・キャリア・経営・心構え

製菓専門学校の閉校が進むのはパティシエ にとってチャンス!

製菓専門学校の閉校が進むのはパティシエ にとってチャンス!

こんにちは、伊東です。

製菓専門学校の閉校や募集停止が進んでいます。

 

 

パティシエにとってチャンスです!!

 

ちょっとググっただけでも閉校や募集停止が沢山あります。

 

兵庫栄養調理製菓専門学校

関西健康・製菓専門学校

大手前栄養製菓学院専門学校 製菓学科

大阪青山大学短期大学部 調理製菓学科

製菓・医療 九州ビジネス専門学校 製菓衛生師科

国際パティシエ調理師専門学校 専門課程

 

 

定員は40名とか、数十名です。

この位の定員が埋まらずに経営が立ち行かず閉校に・・

 

・少子化

・パティシエ の人気に陰り

・大学無償化法2020年4月~

 

このあたりが理由ですね。

細かい解説は省きますが、大学無償化法は製菓専門学校にとってはかなり「迷惑」な法律です。

 

 

これが引き金になっている学校も多そうです。

2020年3月までに閉校や募集停止が相次いでいる事からも言えると思います。

 

 

くり返しますがパティシエにとってはチャンスです!

 

 

・パティシエの数が減るので希少性が増す
→希少性→価値→給与UP!

 

・パティシエの競争相手が減る
→仕事を任される確率が高まる

 

 

競争相手が少なくなるので「勝ちやすく」なりますよね。

 

 

皆がやらない事こそやるべきです!

 

 

だから今パティシエを志している方、

現役のパティシエの方はチャンスです!

 

 

 

 

自分の専門性をいっそう高めていく努力をしましょう。

 

希少性✖専門性→→とっても価値が高いパティシエ です

 

 

 

今後、価値が高いパティシエは給料も上がるでしょうし、

どこからも必要とされる人材になります。

 

 

とはいえ、

「パティシエに依存しない店舗の運営の仕組みを作る」

こんな方向で考えるオーナーもいると思います。

 

 

価値が高いパティシエ

 

機械化や外注などで仕事がなくなるパティシエ

 

 

この2極化が進むのは間違いないと思います。

 

 

時代は大きく変わろうとしています。

チャンスをつかめるかどうかはあなたの努力次第です。

 

ぜひ、誰にも負けない努力をして「価値があるパティシエ」になって下さい。

 

それでは!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

おススメの記事