» パティシエに向いていない人とは?
 » パティシエに向いていない人とは?

パティシエとしての技術・キャリア・経営・心構え

パティシエに向いていない人とは?

パティシエに向いていない人とは?

こんにちは、伊東です。

洋菓子店を運営し、10年立ちます。
10年経営者をやってきた目線から、以下の事について
私なりの考えをお伝えしたいと思います。

『パティシエに向いていない人とは?』

という事を考え、以下のように役立てて頂けると嬉しく思います。

 

①「向いていない人」に当てはまるなと感じる方

「あぁ、自分は向いていない・・・」

となる必要はありません。

そう感じたあなたにとっては、

 「新しい視点を取り入れる事でより成長出来る」

という事を意味しています。

「成長の伸びしろが見える」

という事です。この記事を参考に、あなた自身をより
成長させて下さい!

 

②「向いていない人に当てはまらない」と感じる方

別の記事で「パティシエに向いている人とは?」という事を
記載しています。

https://president-blog.poche-du-reve.com/suitability-of-pastry/

是非、そちらを参考にして下さい。

 

それでは内容を見て参りましょう

 

自分が楽しくお菓子作りをしたい人

「えっダメなの?」

と怒られそうですが・・

もちろん、楽しくお菓子作りをするという事は良い事です。

 

ただし、

「趣味の世界では」

という条件が付きます。

 

パティシエという仕事は、お金をお客様から頂く
「プロフェッショナル」ですよね?

 

だから、本質的な所で

『お客様を楽しませる!幸せにする!』

という事が最も必要とされる資質だと私は
思っています。

 

「自分が楽しくお菓子を作る事で、その気持ちの先に
お客様が幸せになるお菓子になるのでは?」

 

という意見もあるかもしれません。

この事に対しての私の返答は以下です。

 「毎日毎日何百個というケーキを、朝から晩まで
  時間と手間をかけて、一切の妥協をする事なく、
  作り続ける。

  また、もし自分が体調が悪くても
  お菓子を作らなくてはいけない状況で【楽しい!】
  と思いながらお菓子を作り続ける事は出来ますか?」

お菓子作り、「楽しい」でしょうか?

私は推奨しませんが、徹夜でクリスマスケーキを作るお店も
未だに多いと思います。

「楽しく」徹夜できますか?

 

お菓子作りを仕事にするという事はそういう事だと思います。

 

自分が楽しく<<<お客様に喜んで頂くこと

 

自分自身が少々辛くても、その先にいるお客様の事を想い、
一心不乱にお菓子作りに向き合うこと。

あなたはパティシエという仕事を選択した時点で、
「プロフェッショナル」な職人を選択しているわけです。

目先は大変ですが、その先にお客様の笑顔、幸福、感動
が待っています。

 

学習することが嫌いな人

私の経験則からですが、学習することが嫌いな方は
ダメです。

お菓子作りは、非常に科学的な所が多く、基礎知識の習得は
必須です。

 生クリームについて

例えば、生クリームについて考えてみましょう。

パティシエにとって、毎日扱う事になるとても重要な

原材料ですよね?

以下について答える事出来ますでしょうか?

いずれも超基本的なことです。

・生クリームはなぜ液体から立てていくとなぜ状態がかわるのでしょうか?
分子構造から説明して下さい。

・35%と43%の生クリーム、オーバーラン値高いのはどちらでしょうか?
その理由もお願いします

・生クリームは、常温に出したままには絶対にしないですよね?
なぜでしょうか?

 

学習する事が好きで、基礎をきちんと学んでいるパティシエの方は
すぐに回答出来る位、「簡単な質問」です。

適性のあるパティシエは、こういう事を本当によく学習しています。

 

逆に、この質問に対し、「????????」となってしまう
方は・・・・・・

「勉強し直しましょう」まだ遅くはありません。

 

「そんなのわからなくても、お菓子作り出来る!」という

強者な方もいるかもしれません。

 

ただ、そういう方は必ず成長に行き詰まることになると思います。

「基礎がおろそかな人は応用が効きません」

 

身近な例だと、「算数」なんかがそうですよね。

足し算、引き算、掛け算、九九がわかるから、「計算」

が出来るようになります。

基礎となる「公式」を学ぶから、「計算」という応用
が出来るようになるわけです。

因数分解、微分積分など等、全て基礎となる足し算、引き算などが
できないと解けません。

 

適当な「感覚」だけでお菓子作りをしている人は、

「応用」が効きません。

お菓子作りでも、他の真似をするしかできません。

自分で一からレシピをおこし、オリジナルのお菓子を作るのは

かなり困難でしょう。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

こんな人はパティシエに向いていない

 

・自分が楽しくお菓子作りをしたい人

・学習することが嫌いな人

 

こういう人は向いていないというお話でした。

 

 

関連記事

おススメの記事