» 小さな洋菓子店が銀行の信用を得る定期訪問の方法
 » 小さな洋菓子店が銀行の信用を得る定期訪問の方法

パティシエとしての技術・キャリア・経営・心構え

小さな洋菓子店が銀行の信用を得る定期訪問の方法

小さな洋菓子店が銀行の信用を得る定期訪問の方法

こんにちは、伊東です。

小さな街の洋菓子店を経営し10年たちます。

 

小さな洋菓子店を経営していると「お金の悩み」

尽きることはありません。

 

「もう少し、現金に余裕があったらなぁ。」

「銀行に融資を依頼しても貸してくれない・・」

 

私も最初の頃はそうでした。

 

いつも、一人で頭を悩ませていました。

 

しかし、今は銀行の担当の方から「お借入れいかがですか?」と逆に提案を頂けるようになりました。

 

こうなってきたポイントの1つは「銀行への定期訪問」です。

 

こういう事は、パティシエをしていても誰も教えてくれないと思います。

 

なので、将来独立を目指している方などは是非参考にして下さい。
また、今、まさに小さな街の洋菓子店を経営し始めた方にとっても参考にして頂ける内容になっています。

 

本記事の内容

・銀行への定期訪問とはなにか?

・必要な資料は、「試算表」「1枚の用紙」

・所要時間は、長くても30分以内。15~20分で充分

・軌道にのるまでは月1、その後は3か月に1度の訪問

・銀行への定期訪問のメリット

 

では、いきましょう!

 

銀行への定期訪問とはなにか?

 

「借入をした銀行に対して、進捗状況を報告し、銀行からあなたへの信頼を積み上げていくこと」

 

銀行の立場になってみるとわかることです。

 

①お金を借りた後は、何の連絡もない。

 

②1~3か月に1度は、経営状態の進捗を報告しにきてくれる。

 

あなたが「貸し手」だったら①と②の会社、どちらが良いですか?

 

間違いなく、②ですよね。

 

「貸し手の銀行側の気持ち」を理解する事があなたへの信頼に繋がります。

 

※ちなみに、日本政策金融公庫は訪問する必要はありません。
 本記事は、信用金庫、地銀など民間の金融機関のことを対象にしています。

 

必要な資料は「試算表」と「A4用紙1枚」

小さな洋菓子店が銀行の信用を得る定期訪問の方法

試算表とは、月々の損益計算書(PL)と貸借対照表(BS)です。

毎月の経営状態の把握をする為には、必須のものです。

 

これと、A4用紙1枚でよいので、以下を書いて持参します。

 

・課題

・対策

 

「現状」は、試算表を見ればわかります。

簡単でよいので、今、あなたのお店が抱えている課題と対策について考えている事をまとめましょう。

 

所要時間は、20分以内

長居する必要はありません。

 

資料をもっていき、簡潔に説明するだけでさっさと帰りましょう。

 

銀行側からするとそれで充分です。

 

 

軌道にのるまでは月1、その後は3か月に1度

最初の1年位の特に不安定な時は、月1でもよいと思います。

 

「試算表が出来たので伺います。」

 

ということで、月1回15分~20分でよいので訪問しましょう。

 

 

「この経営者は定期的に、きちんと進捗を報告してくれる。安心。」

 

この状態を作る事がまず、目的ですので。資料作成などに労力をかけ過ぎる必要はありません。

 

銀行の定期訪問のメリット

①銀行からの信頼を得ることができる

 

②「説明」が必要な為、自店舗を客観的に見る習慣ができる

 

③自分のプレゼン能力が高まる。

 

④自分自身に緊張感が生まれる。
「毎月行くから、きちんと課題を進めないと。」という意識が働く。

 

⑤定期的な銀行訪問は、小さい会社ほど「やっていない」
だから、実行するだけで、銀行側からするとあなたの会社はかなり目立つ。
「きちんとした経営者だな」とみられる。

 

本当に、小さいお店、会社の経営者ほど、やっていないんですよ。

 

だから「行動」するだけで、あなたの信頼度は劇的にあがります。

 

④のように、自分自身に緊張感が生まれるという副次的な効果もあります。
私なんかは自分に甘いため、銀行への定期訪問はとても効果的です。

まとめ

・銀行訪問は、あなたへの信頼度を高める

 

・「試算表」と「課題と対策をA4用紙1枚」の資料を用意

 

・所要時間は、20分以内

 

・軌道にのるまでは月1度、その後は3か月に1度の訪問

 

・小さなお店・会社の経営者はまずやっていない。行動するだけで、差がつく。

 

いかがでしたでしょうか。

 

経営計画についても私は銀行に提出していますが、未達成だったことはありません。

 

私は自分に甘いので、こうする事で自分自身に緊張感が産まれます。
「何とかしないと!」と自分に厳しくなることが出来ます。

 

結果、業績もついてきているのかなと思っています。
業績がついてくると、より一層、銀行からの信頼も厚くなり、好条件での融資など勝手に提案をしてくれるようになります。

 

行動するだけで、他社と差がつきます。

ホント、それだけです。

 

それでは!

関連記事

おススメの記事