» パティシエのやりがいについて、経営者目線で考える
 » パティシエのやりがいについて、経営者目線で考える

パティシエとしての技術・キャリア・経営・心構え

パティシエのやりがいについて、経営者目線で考える

パティシエのやりがいについて、経営者目線で考える

こんにちは、伊東です。

『パティシエのやりがい』について私なりの目線で
考えてみたいと思います。

今、パティシエとして日々頑張っている方にとっては
より前向きな気持ちになれるような事をお伝え出来たらと
思います。

では、参ります。

 

パティシエのやりがい「自分の世界を創造できる」

自分の世界を創造する

これは、大きなやりがいだと私は思います。

製菓に関する専門性を高める為に、製菓学校で学び、
そして専門書を買い、読み漁り、お菓子を作り、実践をし、
自分のお菓子に対する哲学を養っていく事で、ようやく得る事が
出来る世界。

 

それが、

 『自分独自の世界を持つ』

という事。

 

あなたの努力が実り、スーシェフやシェフになった時に、
あなた独自の世界を世の中に向けて表現をする事が出来るように
なります。

 

そして、それが世の中に受け入れて貰えるようになると
本当に喜びを感じると共に、自分自身の存在意義を強く
感じる事が出来ると思います。

 

「私は必要とされている。」

 

「私の世界観をお客様が支持してくれている。」

 

「私の作ったお菓子(世界)が、人を幸せにしている。  
  感謝される。」

 

私は、作り手(パティシエ)ではないので、直接的に感じる事は
ありませんが、シェフの仕事や、お客様からの声を聴くと上記を
間接的にでも実感する事が沢山あります。

 

普通に感動します。
本当に。

 

「こんな素敵なお菓子を作ってくれてありがとう。」

 

「辞めないで続けて欲しい。」

 

「病気で食欲がない妻がここのプリンだけは食べてくれました。」

 

「末期がんの母が、ここのケーキは美味しいと言って
 食べてくれるんです。」

 

「ここにお店を作ってくれてありがとう。」

 

など等・・・実際に頂いた言葉です。

 

それまでの苦労、努力が全て報われるような気持ちに
なります。

 

是非、今パティシエとして毎日努力している方は、
そうなって欲しいと思っています。

 

パティシエのやりがい「稼げる職種になります」

「給料?安いじゃん!」

と思った方、多いですよね。

 

『今は』そうかもしれません。

ただ、将来的に、『専門性の高い一部の人』という前提が付きますが
パティシエは「稼げる職種」になっていくと私は思っています。

理由はまた別の機会でご紹介したいと思いますが、
もう既に、高給取りのパティシエは結構いると思います。

今後、更にその方向性が強まると私は予想しています。

 

どの業界でもそうだと思いますが、高い給料を得ている人も
いれば、そうでない人もいる。これは製菓業界に限らず、
どこの業界でも同じだと思います。

 

とにかく、「自分自身の価値を高めること」にフォーカスする事
が大事だと私は思います。

 

 

まとめ

「自分の世界を創造する事が出来るようになる」

 「将来は稼げるようになる」

 

自分の存在意義を強く感じる事が出来る、感じやすい職種だと
私は思います。

 

でもその為には当然ですが、不断の努力 が必要な
事は言うまでもありません。

日々の努力を継続し、様々な課題を乗り越えた人には、
とても明るい未来が待っていると私は思います。

 

努力した分、将来あなた自身に返ってきます。

 

「やりがい」を本当に心から実感できるように
なる事を祈っています。

それでは。

 

関連記事

おススメの記事