» パティシエの2つの魅力について現役経営者目線で語ります
 » パティシエの2つの魅力について現役経営者目線で語ります

パティシエとしての技術・キャリア・経営・心構え

パティシエの2つの魅力について現役経営者目線で語ります

パティシエの2つの魅力について現役経営者目線で語ります

こんにちは、伊東です。

今回はパティシエの魅力について、私の目線で
語りたいと思います。

 

パティシエというと、

長時間労働とか、給料が安いとか、何だかネガティブな
内容で捉える方が多いのですが、私の意見ですが、

 

「ネガティブに捉えるから、
全てがネガティブに見えてくる」

 

という側面もあると思います。例えば、、

 

給料が安い

⇒なぜ、自分が給料が安いのか?自分を見つめなおし、
自分自身の価値を高めるきっかけにはなりませんか?
パティシエでも高給取りは沢山います。

 

例えば、長時間労働

⇒なぜ、長時間労働なのか?仕事の生産性をどう上げれば
良いのか?考え、実践する事で自分自身の能力を高める
事、出来ませんか?

また、独立を目指すような方は、独立前にそういう経験が
出来て良かったとも思えるのではないかと思います。

長時間労働でも活き活きとやりがいを持って取り組んで
いるパティシエも沢山います。

 

という事で、パティシエの魅力について私目線で語って
見たいと思います。

 

まず、そもそもパティシエの仕事とは何でしょうか?

 

これについては、既に他のブログでお伝えしていますので
宜しければそちらをご覧ください。

https://president-blog.poche-du-reve.com/what-is-pastors-work/

 

この記事をご覧頂くと、

「パティシエって結構すごくない?」

と思うのではないでしょうか。

少なくとも私はそう思っています。

 

では、それを踏まえて、「パティシエの魅力」について
私が思う所を、2つお伝えできればと思います。

 

魅力①「個性を発揮出来る」

パティシエは、新人時代は洗い物や計量など
基本的な業務に終始すると思います。

 

その基本を身に付けた後は、店舗で用意する
商品の一部の仕込みを任されたり、少しずつ
業務の幅が広がってくる事になります。

 

仕事の面白さを実感してくるのもこの頃でしょう。

 

そこを乗り越えた人は、

「レシピを一から考える力」

を身に付け、

 

 「あなただけにしか作る事が出来ない
  世界で一つのお菓子作り」

 

が出来るようになってきます。

 

 これってスゴクないですか?

あなたの個性を思う存分表現できるわけです。

 

 あなたにしかできない事を仕事にするって
 素晴らしい事だと思いませんか?

 

とても価値がある事だと私は思います。

 

だから、今パティシエとして見習いの方や、
 まだまだ努力が必要な方は、諦めずにこの世界が
 見える所まで是非頑張って欲しいと思います。

 

皆、途中で諦めるから
この世界が見えない
のです。

 

魅力②「自分の好きな人生を選べる」

これ良くないですか?

ただし、魅力①でお伝えしているように、

 

パティシエという仕事に情熱を注ぎ、諦めず
努力をし続け、あなただけの個性を発揮できる状態
まで到達したパティシエの場合

 

です。

 

ここまで努力出来たあなたには自分の好きな人生を
選択する事が出来るようになっているはずです。

 

・独立をして、更に自分の世界を表現したい

 

・お菓子教室をやりたい

 

・ホテルなどに勤務し、レストランで自分の
仕事の幅を更に広げたい

 

・海外で勝負したい

 

・今働いているお店のシェフを目指したい

 

・他のお店でシェフとして働きたい

 

上記は一部の例ですが、あなたには様々な選択肢が
あります。

 

あなたの好きな所で、好きなように働き、充実した人生を
おくる事が出来るようになっているでしょう。

 

給料も安いという事は無いはずです。
(安過ぎると感じたら、あなた自身の努力不足か、
勤め先の問題かどちらかと思いますが、勤め先に
問題があるのでしたら、あなたを正当に評価して
くれる所で働けばよいだけです。)

 

まとめ

 

①「個性を発揮出来て」

②「自分の好きな人生を選べる」

 

パティシエの魅力ってスゴクないですか?

 

私自身はパティシエではないのですが、
洋菓子店を経営し10年。シェフパティシエである
奥さんを近くで見ていて、パティシエはすごい仕事だな
と感じる事が多くあります。

 

もちろん、「大変だな」と思う所もそれはあります。

 

ただそれはどんな仕事でも一緒です。

 

今、日々努力しているパティシエの皆さんは今一度
自分自身の仕事の魅力について考える際に、今回の
内容についても参考にして頂けると嬉しく思います。

 

 

 

 

 

 

関連記事

おススメの記事