» 「大阪と兵庫の往来自粛」で街の洋菓子店にどの程度の影響が?
 » 「大阪と兵庫の往来自粛」で街の洋菓子店にどの程度の影響が?

現役洋菓子店経営者だからわかる
パティシエに役立つリアルな情報をお届けします。

パティシエとしての技術・キャリア・経営・心構え

「大阪と兵庫の往来自粛」で街の洋菓子店にどの程度の影響が?

「大阪と兵庫の往来自粛」で街の洋菓子店にどの程度の影響が?

こんにちは、伊東です。

 

いや~ヤバい。

何か最近「ヤバい」しか言っていないような気がしますが・・・

 

 

「ヤバい」ホント。

 

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、吉村洋文・大阪府知事と井戸敏三・兵庫県知事が19日に打ち出した大阪―兵庫間の往来自粛。

 

3月20日~22日の3連休は往来を自粛

 

私は兵庫県でお店をやっています。

「かなり、来客に影響ありそうだな」

と思っていました。

 

結果、

 

影響ありまくり

 

ですよ。。

 

コロナウィルス自体も怖いですが、

もうそれ以上に「経済」の方が怖すぎます。

 

去年の同日と比べて客数

 

▲14.9%

 

ってヤバすぎですよ。。

 

JR神戸線は1日39万人の利用があるそうです。

そこを「自粛」です。

「自粛の雰囲気が人々の消費を抑えます。」

 

日本の政治にも期待できそうにありません。

不況に突入するのはほぼ間違いなさそうですね。

廃業も増えそうです。

 

消費税0%にしたら政治を見直しますが、

ムリそうな雰囲気ですし。

 

予想を超える事態が起きたとしても倒産させない

 

これは経営者としての務めです。

経営者の仕事は大きく2つあります。

 

・戦略の立案と人材育成

 

・企業を存続・成長させること

 

今回のような緊急事態においては

「存続させること」

に全力で取り組む必要があります。

 

私の場合は不況の到来を予測し準備をしてきました。

 

今回は予想を遥かに超える事態です。

そのため今は「かなりヤバい」と思っていますが、

「静観」する余裕があります。

 

「ほんと~に対策しておいてよかった・・・」

 

心の底から思います。

常に最悪の事態を予測し、準備しておく。

 

でもですね。

 

こんな最中でも常連のお客様を中心に

ご来店頂けていることが本当に感謝です。

 

感謝しつつより一層、お客様に喜んで頂ける

お店を創っていきたいと思います。

 

それでは!

 

関連記事

おススメの記事