» パティシエという職人の世界で成功する為に大切な3つの考え方
 » パティシエという職人の世界で成功する為に大切な3つの考え方

パティシエとしての技術・キャリア・経営・心構え

パティシエという職人の世界で成功する為に大切な3つの考え方

パティシエという職人の世界で成功する為に大切な3つの考え方

こんにちは、伊東です。

今回は、いわゆる「職人の世界」と言っても良いパティシエの世界で
成功する為に大切な3つの考え方について洋菓子店を経営し、10年の
私の考えを述べたいと思います。

パティシエとして一番大変な1年目を乗り越え、2年目、3年目位で
頑張っている方に特に参考になるような内容にしたいと思います。

 

職人の世界

職人の世界と聞いてどんなイメージを持ちますか?

・新人はとにかく雑用にひたすら毎日追われる

・ケーキ作りなんて最初は本当に何もできない

・朝一番に出てきて、帰りは一番遅い

・理不尽に感じる事が多い

・毎日同じ事ばかりをしている(ように感じる)

・見て覚えろ 的な世界・・
(学校のようにきちんと丁寧に教えてくれない。)

・パワハラ

・新人給料がとにかく安い

・先輩、オーナーの指示は絶対・上下関係厳しい

など等、良いイメージないですよね?

私自身は、全く別の業界から洋菓子の世界に足を突っ込んだ
立場ですので、そりゃもう最初は本当にビックリ!でした。

洋菓子の世界も、程度の差はあれ、いわゆる「職人の世界」
であることは間違いないと思います。

では、そんな職人の世界でパティシエとして成功するには
どのような考え方が必要なのでしょうか?

 

職人の世界を理解する

郷に入っては郷に従え という言葉があります。

(風俗、習慣、文化というものは、その土地によって違うものだから、

ある土地に行ったらその土地の習慣や風習に従いなさい、という意味です)

 

パティシエの世界というのは非常に狭い世界で、「特殊」
な世界です。

一般的な考えというのは通用しない場合が多い世界である
という事も言えます。

 

「長時間労働過ぎて大変・・」「給料が安すぎて・・」
「理不尽な先輩がいて大変・・」

とか言ってもしょうがないのです。

 

残念ながら多くの所はまだそんな世界なのが実情だと思います。
その為、パティシエという世界にいながら、「郷に入っては
郷に従わず」 だと成功出来る可能性はどうしても低くなります。

 

別のブログでなぜこの離職率が高いか?という事について
お伝えする中で、「職人の世界を理解する」という事について
触れています。
こちらも宜しければ参考下さい。

https://president-blog.poche-du-reve.com/rate-of-turnover/

 

やはり今自分がいるパティシエの世界を理解する事
がまず大切と思います。

 

私自身もそうでした。

前職時は、東証一部上場会社に勤務していましたので、
パティシエの世界はもう本当に天地がひっくり返る位
「え~~っ??」と思う事が多く、この世界の事を理解し、
適応していくのに苦労しましたし、未だに苦労しています。

 

今の自分を認めること

パティシエは毎日朝から晩まで忙しく働く職業です。

同じような事の繰り返しや、一見雑用に思うような事も
多く、「本当にこんな事が自分の為になるのかな?」
と思うような事が多いと思います。

・長時間労働で大変

・給料安くて大変

・理不尽で大変

・・・上げだすとキリがないと思いますが、そんな世界で
毎日努力する事が出来ている人っていうのは本当に素晴らしい
と私は思います。

中々出来る事ではありません。

まず、『毎日努力している自分を認めてあげる事』

とても大切な事だと思います。

 

自己肯定感 といいます。
(※そのままの自分を認め受け入れ、自分を尊重し、
自分の価値、自らの全存在を肯定すること)

 

それが、明日の活力に繋がります。

その繰り返しが、自分自身の人間性を高め、自分自身の能力を高めて
いくことに繋がっていきます。

その先にはパティシエとしての成功が待っていると
私は思っています。

 

目標を持つこと

そして最後に「目標」を持つことです。

独立する!とかではなくても、「3年はまず続ける」

とかでもよいです。

 

とにかく、目標を持つこと

 

これが大事だと思います。

「目指す」「標(しるべ)」と書いて「目標」です。

 

あなた自身がどの方向に向かっているのかを明確に持つ
という事があなた自身の推進力に繋がってくると思います。

パティシエとしての基礎を作るのが最初の3年から5年だと
思いますので、私のおすすめとしては、

 

「3年はまず続ける」

 

という目標を持つ事は良い事だと思います。

 

目標設定については、詳細に、鮮明に、定量的に すれば
する程、実現性が高まりますし、その為に具体的にとるべき
行動や結果を紙に書いていくなど、色々とやり方、手段はありますが、
まず目標を持つという所からスタートするという意味でも、
おススメのような目標設定からスタートするのが良いと思います。

 

3年続ける事が出来てくると、仕事が面白くなってくる感覚を
持つ事が出来るようになる場面が増えるでしょう。

 

お菓子作りの奥深さや、後輩を教える難しさ、店舗全体を見渡した
時の運営の難しさや楽しさ、やりがいなど色々と見える世界が
変わってくるのがこの頃からです。

 

3年続ける事が出来た先には、更にワクワクするような目標
設定をする事が出来る「あなた自身が待っている」事でしょう。

 

その一番最初のとっかかりが、「目標をまず持つこと」だと
私は思います。

 

まとめ

 ・職人の世界を理解すること

 ・今の自分を認めること

 ・目標を持つこと

 

この3つだけでもしっかりと出来ればパティシエとしての
成功には着実に近づくと思います。

あなたの周りにこの3つ確実に出来ている!という人いますか?

中々いないと思います。

この3つをしっかりと実行できたあなたはそれだけで、
もう一歩先を行っている事になります。

是非、参考にしてみて下さい!

 

 

 

 

 

 

関連記事

おススメの記事