» ケーキ屋がバターの仕入れができない?独立希望者は特に注意!
 » ケーキ屋がバターの仕入れができない?独立希望者は特に注意!

現役洋菓子店経営者だからわかる
パティシエに役立つリアルな情報をお届けします。

パティシエとしての技術・キャリア・経営・心構え

ケーキ屋がバターの仕入れができない?独立希望者は特に注意!

ケーキ屋がバターの仕入れができない?独立希望者は特に注意!

こんにちは、伊東です。

 

「バター不足」

 

「バターの仕入れを断られてしまって開業できない・・」

 

「バターの納品を急に切られた。」

 

「どうしたらいいんだろう???」

 

 

もう現実に起こっていることです。

 

 

「いざ独立!」という時に「バターが入らない。。」と慌てる必要がないように今からどうするか考えるきっかけにして頂けると良いかと思います。

 

本記事の内容

1.バター不足は今後も続く

2.新規の開業者は断られるかも?

3.既存店でも急に「切られる」・・

4.独立を目指すパティシエ はどうしたらいいか?

5.まとめ

 

 

では、内容をみていきましょう!

 

1.バター不足は今後も続く

詳細の解説はしませんが、今後も続くのは間違いないです。

 

構造的な問題である為、もはや私達には手に負えないですね。

 

バター不足は続くことを前提に経営を考える

 

これしかないです。

 

2.新規の開業者は断られるかも?

バターが慢性的に不足していますので、

新規の開業者は断られるという事態が発生しているようです。

 

先日、バターを扱っている大阪の所長さんとお話をしたのですが・・・

 

「バター不足ですけど、既存先ですら制限かけているのに新規の開業者に対してはどうしているんですか?」

「(バターが)無いものは無いのでお断りしています。」

月間の数量が少ないお店のお取引を中止して、他のお客様(お店)にまわすこともあります。」

 

だそうです。

 

新規の開業者=実績がない=取引できない

 

あたりまえの事ですが「実績」がものを言う世界です。

 

3.既存店でも急に切られる・・・

先日、私のお店にバターを仕入れている担当者から連絡がありました。

 

「1ケース(30ポンド)追加でご用意できますので。」

「なんでですか?」

ご利用量が少ないお店と取引を中止した為1ケースは何とか確保できました。」

 

怖いですね。。

 

これ事実です。

 

売る側にとって売上が少ないお店は切り捨てる

より売上が見込めるお店や企業にまわす

 

もう現実に起こっていることです。

メチャメチャ弱肉強食です。

 

4.独立を目指すパティシエ はどうしたらいいか?

・働いているお店のオーナーに相談しておく

→月30ポンド位は協力をお願いする

 

・パティシエとしての実績・価値を高める

→実績が少しはモノを言うかもしれません

 

やれる事は2つ位でしょうか。

 

でもやらないよりは確実に状況は好転します。

 

5.まとめ

・バター不足は新規開業者にはとても厳しい状況

 

・働いているお店のオーナーに助けてもらう

 

・パティシエとしての実績を積む

 

できることを今のうちからやるしかありません。

 

私も創業時は、バター不足の時で本当に苦労しました。

 

「このままでは開業できない」

 

ギリギリまでバターの仕入れの目処がたちませんでした。

 

開業当初にあたふたしなくてもいいように今から考えることが大事と思います。

 

それでは!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

おススメの記事