» パティスリー・洋菓子店独立開業の全体像
 » パティスリー・洋菓子店独立開業の全体像

パティシエとしての技術・キャリア・経営・心構え

パティスリー・洋菓子店独立開業の全体像

パティスリー・洋菓子店独立開業の全体像

こんにちは、伊東です。

パティシエの方で独立開業を夢見る方、いると思います。

洋菓子店を開業し、10年が立ちました。

洋菓子店は、ほとんどのお店が開業後数年で廃業、閉店
してしまうのが現実です。

そこで、私の実体験を元に独立を目指す方に参考になればと
思い、「開業編」と題し、独立開業までの私の実体験をお伝え
していこうと思います。

開業までの流れ

開業までの流れですが、まぁ色々とあります。
全体像をざっくりとお伝えしますと以下のように
なります。

①『資金』『お菓子作りの技術』

パティシエですから、お菓子作りの技術力向上は
当然ですね。

あとは「資金」。先立つものが必要です。

 

②事業計画策定・重要!

どういうお店にしていきたいですか?
という所を、文字にし、数字にしていきます。

 

③物件探索

②をよく考えた上で、物件探索を行うと、とても
物件探索の基準が明確になり、物件も探しやすいです。

 

④商品開発

物件探索と同時並行だと思うのですが、
どのような商品ラインナップにするか?
価格はどうするか?どういう陳列にするか?
など考えておきます。

これも②の事業計画が鮮明であればある程、
方向性は明確になります。

 

⑤資金調達・物件契約

物件契約をします。
ここで、敷金、礼金など最初の出費があります。

また、自己資金だけでは難しいと思いますので、
『借入』が必要になります。

大体の方は、「日本政策金融公庫」です。

 

⑥内外装・デザイン・設計

どこに頼むか?というのが重要です。
洋菓子店を1回も手掛けた事が無い所とは、
お付き合いしない方が良いと思います。

 

⑦包装資材、備品、厨房機器・仕入れルート確保

事業計画に基づき、厨房機器の選定、包装資材準備
を行います。

問屋さんを介す事が多くなると思います。

⑥と⑦は同時進行ですので、とても忙しい日々です。

 

⑧工事

⑥・⑦を詰めていき、工事に入ります。
先に厨房を作って貰い、試作が出来る環境を
早く作りましょう。

また、食品衛生責任者の資格が必要なので、講習会を
受けておきましょう。
その後、厨房が完成後、保健所へ行き、営業許可証申請をします。

⑨人の面接・採用・教育

販売、製造の人員確保をします。

『教育』もしなくてはいけません。

 

⑩店舗完成

目に見えない部分、電気工事や給排水工事、
ガス配管工事などに一番時間とお金がかかります。

店舗部分の内装工事などは早く進みます。

『目に見えない所にこんなにお金かかるんだ・・・』

と感じる事と思います。

さぁ、あと一歩です!

 

⑪開店前のトレーニング

開店出来る状態になりましたら、トレーニングを
行う必要があります。

レセプションという形で、知り合いなどを招待し、
朝の立ち上げ、接客、仕込みなど1日の流れを皆が
体感できるようトレーニング日を1~2日設けると
良いと思います。

知り合いだと少々難ありの運営でも多めに見てくれます。

 

⑫開店

もうこの辺りには疲れ果ててしまっている場合も
あると思いますがそれも開業の良い思い出になります。

 

開業時迄に検討しておくこと

開業までのざっくりとした流れを把握できました
でしょうか?

上記に加え、開業時までに検討しておくこと、
取り組んでおくべきことを記載しておきます。

 

 【1】個人事業 or    法人

個人事業で開始するか、法人で開始するか?
検討と決定が必要です。

私は最初から法人を設立しましたが、これは開業する
方次第かと思います。

私個人の意見としては、法人設立をおススメします。

 

 【2】ネット環境

ホームページ製作は、今の時代必須と思います。
ただ、費用も手間もかかります。

手が回らず、HPがなく、FBでとりあえず開業してしまう
というお店も結構ありますが、私はやはりしっかりとHPを
作るべきという考えです。

オフィシャルサイト、FBページ、インスタグラム、
LINE@、ツイッター等は活用していく方がお客様にとっても
良いと思います。

 

 【3】税理士・社労士について

税務、社会保険手続きなど、最初の頃は慣れていない
という事もあり、とっても面倒で手間で時間がかかります。

税理士や社労士の方にお願いすればよいのですが、「タダ」
というわけにはいきません。

お願いしてしまうか、自分でやるか、誰か協力者を得るか
考えておく必要があります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

やること目白押しです。

 

今後、各項目を詳しく説明していきます。

 

全部見て頂いた後には、

 

「これで自信を持って独立開業出来る!」

 

とイメージして頂けるようにしたいと思っています。

独立開業を夢見る方に役立つ内容となるよう頑張っていきます。

それでは!

 

 

 

 

 

 

関連記事

おススメの記事