» パティシエになるために今できることとは?現役経営者の考えです。
 » パティシエになるために今できることとは?現役経営者の考えです。

パティシエとしての技術・キャリア・経営・心構え

パティシエになるために今できることとは?現役経営者の考えです。

パティシエになるために今できることとは?現役経営者の考えです。

こんにちは、伊東です。

洋菓子店を経営して10年たちます。

今回は、

「将来、パティシエを目指したい。
その為には今できることは何か?」

 

と考えている学生の方は結構いるのではないかと思い、
この記事を書いています。

あくまで個人的な意見ですが、参考にして頂けると嬉しく思います。

パティシエ目線での意見はあると思うのですが、「現役経営者目線で」

こういう話題をお伝えしている事って意外とないと思いますので。

 

パティシエになるために今できること
「学校生活・勉強を一生懸命やる」

 「えっ、普通」

と思う方、いるかと思います。

そうです。

今、高校に通っている方は、今学習している事に全力を注ぐこと

製菓専門学校に通っている方は、製菓理論、製菓の基礎的な事をとにかく全力を注ぐこと

 

これに尽きると私は思っています。

 

お菓子屋さん巡りなどする必要はありません。

フランス語の勉強?する必要ありません。

 

なぜか?

 

理由を説明しますね。

 

理由①今、あなたがやるべきことをまず全力でやるべきだと考える為

学生である今でしかできない経験、学び、あると思います。

製菓の事を考えるのは、そのあとでも遅くありません。

 

高校、製菓専門学校にいる今だからこそやれること、学べることに全力で
向き合うこと。

 

今を全力で生きて、楽しむ

 

今しか、そこでしか得ることが出来ない学びを大切にした方が
きっと人生豊かになると思いませんか?

 

理由②パティシエに限らず、どの仕事でも、「やり抜く力・経験」が必要になるから

部活動や、勉強など目標を持ち、全力で取り組み、そして目標をクリアする経験というのは、
どの仕事にも通じる事です。

 

これは、何かに対し、目標を持ち、全力で取り組み、そしてそれを達成するという経験を
いかに早い時期から積んでおくか?

 

という事がとても大事だと考えます。

 

目標を持ち、そこに徹底的にこだわり、試行錯誤をしながらも目標を達成していくことが
できる能力・経験というのは、パティシエとして一流を目指すにあたっても必須の能力です。

 

製菓の知識や技術は、このような「やり抜く力・経験値」が高い人であればある程、

早く習得する事が出来ると私は思います。

 

「本当に??」

 

とまだ思う方、いるかもしれません。

私の身近に、このようにして現在の状態を築いている
人がいます。

 

まぁ、奥さんなんですけどね。
私の経営するお店の「シェフ」です。

 

では、簡単にご紹介します。

 

パティシエを志したのが26歳

26歳ですよ。26歳。

物凄く遅いスタート

でした。

大体の方は、18歳に専門学校に行く所からスタート
していますよね。

 

今はシェフとして独立し、10年継続

しかし、今ではシェフとして独立して、10年お店を
続けています。

下の記事でも紹介していますが、企業の存続率というのが
あり、10年継続できるのは、

 

 個人事業主で11.6%

 法人(会社)で35.9%

 

パティスリー・洋菓子店の独立開業の存続率とは?

https://president-blog.poche-du-reve.com/it-is-difficult-to-continue-management-for-10years/

 

である中で、何とかやれていますので、これからの
お話は、ある程度信頼性があるのかなと思います。

 

26歳という他の方より、8年も遅いスタートでも
パティシエになり、独立をし、10年継続すること、出来ます。

 

高校の事務員に全力

パティシエを志す前は、高校の事務員をしていました。

事務員をしていて当時、無駄を感じたそうです。

生徒さんの個人情報を管理する為に手作業が余りに多く、
効率化されていないなぁと感じたそうです。
(まだまだ、当時はPCなどではなく手作業が多い時代でした)

 

そこで、エクセルを使って、一元管理をする仕組みを
考えて、取り組んだ結果、一事務員の提案で、学校の管理の仕組み自体の
改善が出来、大幅に生産性が高まったそうです。

 

当たり前ですが、当時誰からも指示されたわけではなく、
自分で考えて、今の仕事をもっと良くするには?効率化するには?
と考えて行動した結果です。

 

パレスホテル時代:コンクール

製菓の世界に、「ジャパンケーキショー」という
日本で一番大きな大会があります。

パレスホテル在籍時に、彼女は1位にあたる
連合会会長賞を受賞しています。

 

この受賞をする1年前から、彼女は

「1年後には、連合会会長賞取るよ」

と私に宣言していました。

 

製菓の専門誌があるのですが、「このページにのるから」

1年前から言っていました。

 

様々な努力、試行錯誤を続け、1年後に本当に

連合会会長賞を受賞し、製菓専門誌にも掲載されました。

 

目標を定め、様々な試行錯誤を繰り返し、目標を達成する
能力をこの頃から発揮していたわけです。

 

だから、26歳という非常に遅いスタートでも、
非常に速いスピードで成長をする事が出来ています。

また、独立も実現しています。

更に、継続するのが本当に難しいのですが10年継続出来ています。

 

まとめ

何となく伝わりましたでしょうか。

 

パティシエになる為に今できること

 

一見すると、パティシエとは関係ないかもしれない
けれども、

 

今だから出来ること(勉強・学校生活・部活等)
目標を持って、全力で取り組み、目標を達成する能力を
高めて、経験値を出来るだけ積むこと

 

これが大事だと私は思います。

私は、今経営者という立場ですが、こういう経験値が高い
人を採用したいと思います。

今何が出来るか?よりも、「伸びしろ」の方が大事ですから。

 

参考にして頂けると嬉しいです。

 

それでは。

 

関連記事

おススメの記事