» 【ヤバい?】パティシエ 正社員は「同一労働・同一賃金」に注意!
 » 【ヤバい?】パティシエ 正社員は「同一労働・同一賃金」に注意!

現役洋菓子店経営者だからわかる
パティシエに役立つリアルな情報をお届けします。

パティシエとしての技術・キャリア・経営・心構え

【ヤバい?】パティシエ 正社員は「同一労働・同一賃金」に注意!

【ヤバい?】パティシエ 正社員は「同一労働・同一賃金」に注意!

こんにちは、伊東です。

2020年4月から中小企業にも適応されます。

 

「同一労働・同一賃金」

 

知ってますか?

特にパティシエ で正社員をしている方。

 

他人事では済まされませんよ。

 

「えっ何それ?関係ないっしょ!」

 

「何かデメリットあるの?」

 

いやいや、影響アリアリですよ。

ということで、

 

パティシエ の正社員にどのような影響が出るか?

またその対処法について解説します。

 

 

本記事の内容

1.同一労働・同一賃金とは?

2.パティシエ の正社員にとって同一労働・同一賃金は悪い方に働く可能性がある

3.パティシエ 正社員への影響

4.なぜ同一労働・同一賃金がパティシエ 正社員に悪く働くか?

5.パティシエ 正社員はどうすればいいか?対処法は?

6.まとめ

 

こんな事は働いているお店では教えてくれません。

 

あなた自身を守るためにもぜひ理解しておいて下さい。

 

ではいきますよ。

 

1.同一労働・同一賃金とは?

はい、そもそもこの内容ですね。

「働き方改革関連法案」で2020年4月から施行される法律です。

 

同一労働同一賃金の導入は、同一企業・団体におけるいわゆる正規雇用労働者(無期雇用フルタイム労働者)と非正規雇用労働者(有期雇用労働者、パートタイム労働者、派遣労働者)間にある不合理な待遇差の解消を目指すものです。

厚生労働省

 

パートタイム・有期雇用労働法があります。

これは、中小企業は2021年4月から施行です。

(来年です。)

 

う~ん、難しいですよね。

 

かなり噛み砕いてザックリ解説します。

 

正社員と非正規社員が同じ仕事内容の時

 

・同じ基本給にする

 

・賞与も同じくパートでも出す

 

・通勤手当・食事手当・住宅手当などの「手当」も同じようにする

 

「同じ仕事してるんだったら差つけたらダメでしょう。」

「同じ待遇にしなさいよ!」

 

こんな感じです。

 

「ふ~ん、大したこと無さそう」

 

なんて思ったあなた!

 

大間違いですよ!

 

 

2.パティシエ の正社員にとって同一労働・同一賃金は悪い方に働く可能性がある

ほぼ間違いなく、パティシエ の正社員にとってこの法案は悪い方に影響を与えると私は思います。

 

個人的には「役所の頭の良い人が考えそうなことで愚策」と思っています。

 

しかし法律が通ってしまっている以上、国民である私達は従う他ありません。

 

どんな影響があるか?

 

次で見ていきましょう。

 

3.パティシエ 正社員への影響

こんな影響が出るでしょう。

 

・正社員の賞与の廃止

 

・正社員の雇用を減らす

 

・新卒で正社員を採用しない

 

・正社員は給料が上がりにくくなる

 

・正社員の手当が廃止or縮小される

 

・優秀な人材以外は正社員で雇用されなくなる

 

 

結構ヤバくないですか?

 

なぜこうなっていくか?

 

経営者の立場からすると致し方ない部分があります。

次で解説します。

 

4.なぜ同一労働・同一賃金がパティシエ 正社員に悪く働くか?

この法案は「待遇の格差を減らす」という事です。

パートなどの非正規の待遇がこれまでは軽視されてきており、その待遇を正社員に近づけていきましょうということです。

 

これまで正社員にいっていた待遇をパートなどの非正規にも分けていくということ

 

企業が使える人件費は決まっています。

でも!待遇の格差をなくして下さいね!

 

という法案なのです。

例えば「賞与」

 

「賞与も非正規社員に払う必要があるのか~~~」

「無理でしょ。払えない。」

「じゃぁ、正社員の賞与を廃止しよう。」

「そうしたら正社員と非正規社員は同じ待遇になる!」

賞与は廃止

 

 

「マジか!」

 

 

と思うかもしれませんが、もう既にコレは実際に起きている事です。

大企業などで実は進んでいます。

 

個人的には将来は正社員制度そのものが消滅するのでは?と実は思っています。

おそらくこの流れは今の政策上、不可避かと思われます。

 

5.パティシエ 正社員はどうすればいいか?対処法は?

自分の価値を高め必要不可欠な人材になる

「引き抜き」される位の人材になりましょう!

 

 

これに尽きます。

 

「正社員は必要最小限」

「非正規社員、機械化、外注の活用」

 

この方向は不可避です。

正社員でいる為には、あなた自身の価値をとにかく高める以外に方法はありません。

 

「今の給料+10万円」

 

それでも頑張って欲しい!と言われる人材になる!

 

今の月給が20万円なら、30万円

 

30万円なら、40万円

 

3年以内位に実現する目標を立て、ぜひ努力して見て下さい。

以下でも解説しています。

参考にしてみて下さい。

 

参考記事

パティシエ の給料について「あなたの価値とは?」

→自分の価値を高める考え方

 

まとめ

・同一労働・同一賃金2020年4月から

 

・同じ仕事なら待遇差を無くすこと

・賞与・基本給・各種手当てなど

 

・パティシエ の正社員には悪い方向に働く

・手当の廃止・縮小

・賞与の廃止

・正社員の採用が減る

・給料が上がりにくくなる

・優秀な人だけが正社員で採用

 

・非正規社員の待遇を改善

→正社員に回っていた原資を非正規に実質回すことになる

→正社員の待遇は実質的に改悪となる

 

・自分の価値を高める努力が必須

 

いかがでしたか?

 

パティシエ の正社員にとっては結構キツイ話だったと思います。

 

でもしょうがないです。

法律ですから。

 

どうあがいてもこの大きな流れは変わりません。

 

私達1人1人がこの変化に適応していくしかありません。

 

今の給料+10万円を3年以内にクリアできる目標とそれに見合う努力が大事だと思います。

 

ぜひ2020年の仕事に活かして下さい。

 

それでは!

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

おススメの記事