» 小さなケーキ屋・洋菓子店の開業時に、折込チラシ入れると失敗する理由
 » 小さなケーキ屋・洋菓子店の開業時に、折込チラシ入れると失敗する理由

パティシエとしての技術・キャリア・経営・心構え

小さなケーキ屋・洋菓子店の開業時に、折込チラシ入れると失敗する理由

小さなケーキ屋・洋菓子店の開業時に、折込チラシ入れると失敗する理由

こんにちは、伊東です。

今回は、開業時によく行われる販売促進「チラシ」
についてです。

 

どこのお店も、やるものということで、

 

当たり前のように開業時に折込チラシを入れる」

 

 

結論:ケーキ屋開業時に折込チラシを入れると失敗する

 

私も、開業時にチラシを入れていません。

理由を以下で考えていきましょう。

 

理由①コスパ悪い

コスパ悪すぎです。

簡単に例を見ていきます。

 

  • 1万部配布
  • 折込料@3.5円で、35000円
  • 印刷代~15000円
  • デザイン費用25000円~
  • サイズA4

   安価な所に依頼しても、8万円以上

 

黒字化するのに、何人の来客が必要でしょう?

 

客単価1000円で、80人?

 

いやいや、違います。

売上の1000円には、原価など変動費がかかります。

変動費40%かかるとすると、

大体135人の来客が必要です。

 

135人の来客で、やっと「利益0」

 

う~ん、「それでもやる!」という方は、否定はしませんが、

 

オープン時は皆で本当に苦労して準備したにも
関わらず、利益が全くでない。。

 

下手したら赤字だったら、
何だか申し訳ない気持ちになってしまいます。。

 

 

理由②運営レベルが一番低い時に、集客する必要はない

 

「オープン当初は、最も運営レベルが低い時」ですよね?

 

1日の運営の流れもまだ慣れていない状態ですし、接客も
充分なトレーニングが間に合っていなかったりすると思います。

そんな中、わざわざ多くのお客様にご来店頂く事で、

 

「お店の悪いイメージを多くのお客様に植え付けるだけ」

 

になるのではないでしょうか?

お店をオープンしたあとは、「長く続けること」が前提ですよね?

 

その地域のお客様に、長く繰り返しご利用を頂く事が何より大切だと

私は考えますが、皆さんはどう思いますか?

 

理由③お店の存在を知って貰うのは別の方法で

 

「でも、お店の存在を地域の方に知って貰うにはチラシ必要では?」

 

という方もいると思います。

それは、今の時代はいろんな手段ありますよね?

 

しかもお金をかけずに。

 

  • SNSの活用
  • HPの活用
  • 開業前からブログ・SNSで情報発信をする
  • 店頭に、開店予定日を掲示する

 

などなど、お金をかけなくても、認知を広めることは
今は大分できるようになっていると思います。

 

最初の半年くらいは商品・運営を安定させることを優先

 

何も慌てる必要はないと思います。

ゆっくりと時間をかけて、確実に立ち上げていくと腹を据えることが

大事だと思います。

 

お客様に喜んで頂ける商品力を高める

品質の良いお菓子を毎日安定的に出すことが出来る状態

を作ることを最優先すべきと思います。

 

運営を安定させる

 

  1. 安定した商品提供
  2. サービスレベルの向上(接客など)
  3. ワークスケジュールを標準化する
  4. 人材育成

 

このあたりを確実に進めておいた上で、集客をより一層

努力するという事でも遅くないと思います。

 

オープン後少なくとも6ヶ月分の資金工面を!

オープン後、6ヶ月間の運転資金をしっかりと確保した上で
開業するということです。

資金に余裕がないと、心にも余裕が出ませんので。

 

まとめ

オープン時に折込チラシは、今考えても「やらなくてよかったな」

と思うことです。

 

まず、目の前の1人のお客様にしっかりと満足して頂くこと

 

これを考えると、オープン時の運営レベルの低い時にわざわざ
折込チラシをいれて集客する必要はないと私は思います。

 

少なくとも6ヶ月分の運転資金を用意し、腰を据えて

目の前のお客様に喜んで頂ける商品、サービスレベルの向上に

力を入れる事が大切なことだと私は思います。

 

それでは。

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

おススメの記事