» パティシエの長時間労働改善の為に「際限なくケーキを作るのを辞める」とは?
 » パティシエの長時間労働改善の為に「際限なくケーキを作るのを辞める」とは?

パティシエとしての技術・キャリア・経営・心構え

パティシエの長時間労働改善の為に「際限なくケーキを作るのを辞める」とは?

パティシエの長時間労働改善の為に「際限なくケーキを作るのを辞める」とは?

先日、「パティシエの長時間労働そんなに悪い?」
という事で、私なりの考えをお伝えしました。

まだ、ご覧頂けていない方は以下からご確認下さい。

https://president-blog.poche-du-reve.com/long-working-hours/

 

「一流を目指す」

「独立して成功する」

 

こんなビジョンをお持ちの方にとっては、
長時間労働は必要な事もあるというお話でした。

 

私、伊東の考えは、

「長時間労働は改善すべき」

と思っています。

 

正確には、

【不必要な】

長時間労働は改善すべき」

と思っています。

 

上記でご紹介のように、一流を目指す方や、
独立して成功する事を目指している方にとっては、
『意味のある』長時間労働は必要と思っています。

だから、働き方改革だの、ワークライフバランスだの
1つの価値観を一律に全国民に押し付けるような雰囲気という
のは、私は賛同できません。

 

ただ、労働環境をよくし、パティシエの方に不必要な
業務を押し付け、長時間労働になる事は経営者として
避けていきたいと思っています。

 

そうする事で、より付加価値の高い、難易度の高い
業務にパティシエの方には時間を割いて頂き、
どんどん成長していって欲しいと思っています。

 

その為にも、不必要な長時間労働の削減は、
大切な事だと思っています。

 

では、どのような改善が必要でしょうか?

 

参考までに私が取り組んでいる事を1つご紹介
します。

あなたのお店ではどうでしょうか?

 

際限なくケーキを作り続ける事を辞める

「えっ?」と思うかもしれませんね。

オーナーシェフは、パティシエの皆さんの雇用を守る
立場でもあります。

 

「売れる時にとにかく限界まで、(いや限界を超えてでも)
とにかくケーキを作り続ける!」

 

とある意味、責任感の強い?オーナーシェフは多いと思います。

クリスマスなんかそうですよね。

でも、私の考えは違います。

 

『際限なく、ケーキを作り続ける事こそ

  不必要な長時間労働を産む』

 

と考えています。

 

心身共に本当に疲れませんか?

「え~~っ?今から仕込み?」と思いませんか?

 

集中力落ちて、ケーキに愛情込める事出来ますか?

1つ1つ本当に心をこめて、ケーキを作る事、飾る事出来ますか?

 

売上を落とす事で、お客様により高付加価値な
より満足頂ける商品、サービスを提供する

 

そうする事で、お客様、そして働くパティシエの皆さんに
とっても良いのではと考えています。

 

でも、、

 

いくつか『疑問』が出てくると思います。

以下で私なりに回答します。

 

本当にそんな事出来るの?

できます!

私が経営するお店、「週3日」しか生菓子販売していません。
(子供が産まれ、育児との両立をしなくてはならないので、
ある意味、週3日でも実は「キツイ」のですが・・・(笑))

    商品が完売したら、終了です。

 

『追加』『追加』は、ありません。

 

クリスマスケーキ、

 徹夜など一度もしたことありません。

 

できます!

 

 

売上足りるの?経営は大丈夫?

 大丈夫です。

まさに、これは経営者の仕事です。

どうやって、経営的に成り立たせるか?

 

経営の勉強、財務の勉強、

 税金の勉強、助成金の活用、設備投資、

 外注の活用、生産性向上、標準化、

 などなどなどなどなどなど・・・・ 

 

とにかく、経営者の努力!

これに尽きます。

 

実際、私自身の会社、10年何とかなっています。

 

まとめ

という事で、『不必要な』長時間労働を改善する為に、

「際限なくケーキを作る事を辞める」

という事についてお伝えしました。

実は、今後更に、改善を進めるべく準備中です。

今度の機会に、どの程度の「成果」が出ているか

ご紹介したいと思います。

 

 不必要な長時間労働を辞めて、その分、お客様の為に、

 自分の為に、時間を使いたいですね!

 

それでは。

 

 

関連記事

おススメの記事