» 洋菓子店が売上を上げる為には、新規客とリピート客数増のどちらを優先するべきか?
 » 洋菓子店が売上を上げる為には、新規客とリピート客数増のどちらを優先するべきか?

パティシエとしての技術・キャリア・経営・心構え

洋菓子店が売上を上げる為には、新規客とリピート客数増のどちらを優先するべきか?

洋菓子店が売上を上げる為には、新規客とリピート客数増のどちらを優先するべきか?

こんにちは、伊東です。

 

売上を上げたいけど、何から手をつけたらいいかわからない。

 

そういう方のための記事です。
今、洋菓子店を経営されている方、将来独立を目指すパティシエの方
に向けてこの記事を書いています。

 

本記事の内容

・売上を上げる為の要素は大きく3つしかない

・売上を上げる為には、『新規客』『リピート客』どちらの対策を優先すべきか

・取り組み参考例について

 

 

洋菓子店の売上を上げる要素は3つ

以前、基礎的なことは以下の記事でご紹介しましたので、
まだの方は、是非ご覧ください。

 

□過去記事
ケーキ屋・洋菓子店経営の基礎「売上を上げる為の考え方とは?」

 

3つは、
「客数」

 

「客単価」

 

「来店頻度」
でした。

売上を上げる為には、『新規客』『リピート客』どちらの対策を優先すべきか?

今回は、「客数」を増やす為に、優先順位が高いのは『新規客』か『リピート客』か

という事について考えてみたいと思います。

 

結論としては、「リピート客」です。

 

その理由は以下の2つの考え方が参考になります。

 

顧客獲得コスト

 

顧客獲得コストとは、顧客1人獲得するために必要なコストです。 顧客獲得コストは、CAC(Customer Acquisition Cost)と呼ばれています。

 

1:5の法則

  1:5の法則とは、新規のお客様を獲得するには、既存のお客様の5倍のコストがかかるという法則。 新規顧客獲得コストが高いにもかかわらず利益率が低いので、新規顧客獲得以上に、既存顧客の維持が重要であるという考え方である。

 

つまり、1:5の法則によると、新規客の顧客獲得コストは、
リピート客の5倍かかるということです。

 

 

「新規客の獲得に取り組まなくていい」というわけではないです。

「リピート客の獲得」の方が、顧客獲得コストが低く、
優先順位が高いということです。

 

気に入ったお店は「口コミ」する

分かりやすく、自分自身のことを考えてみて下さい。

 

あなたがすごく気に入ったお店があったとすると、

どうしますか?

 

「この前行った〇〇というお店だけどモンブランが注文入ってから絞って作ってくれるんだけど、ふわふわで栗の風味もすごい活きててとっても美味しかったよ!」

 

という感じで、「口コミ」しませんか?

 

そうすると口コミを聞いた友人はそのお店に足を運ぶ確率が
かなり高まりますよね?

 

この場合の顧客獲得コストは0円です

 

お金、1円もかかっていません。

洋菓子店がリピート客を維持・獲得する為の参考例

では、具体的にどういう取り組みをしていけばよいでしょうか。

本質的なところは、以下の一言に集約されると思います。

 

 

既存のお客様の満足を第一に考え、実行すること

 

これに尽きると思います。

では、例をみていきましょう。

 

・独自性ある高品質な商品作り

・包装資材オリジナル化+リニューアル

・会員制度の導入:利用回数・金額の高い顧客へのサービス

・新商品の先行案内

・オーダーメードケーキの受注

・口コミし易いツールの整備:パンフレット・店舗紹介冊子など

・季節感ある商品展開

 

「参考例」としてご紹介しているのは、立地、客層、コンセプトにより
各店舗ごとで、お客様が求めていることが異なるからです。

 

本質は、変わりません。

 

具体的な対応策は、各店舗ごとで、お客様をじっくり観察したり、
聞いてみたりして、見つけていくことが必要となります。

 

まとめ

 

・リピート客の維持・獲得が、客数を増やすには優先順位が高い

・既存のお客様の満足を第一に考え、実行すること

 

今、目の前にご来店頂いているお客様1人1人に、心の底から感謝をし、
満足してお帰り頂くことをとにかく考えること

 

この当たり前の徹底度合いが大事だと思います。

 

それでは。

関連記事

おススメの記事