» 日本の実質賃金の伸びがヤバい!パティシエ の給料は将来上がるのか?
 » 日本の実質賃金の伸びがヤバい!パティシエ の給料は将来上がるのか?

現役洋菓子店経営者だからわかる
パティシエに役立つリアルな情報をお届けします。

パティシエとしての技術・キャリア・経営・心構え

日本の実質賃金の伸びがヤバい!パティシエ の給料は将来上がるのか?

日本の実質賃金の伸びがヤバい!パティシエ の給料は将来上がるのか?

こんにちは、伊東です。

 

パティシエって給料が低いイメージだけど上がっていく可能性ってあるの?

 

今回はこんな疑問にお答えします。

 

日本の実質賃金の推移を皆さん、知ってますか?

 

皆さんがいる日本が置かれている状況を踏まえパティシエの給料の将来について私なりに解説したいと思います。

 

本記事の内容

1.パティシエの給料は全体的には下がる可能性が高い

2.日本の実質賃金の推移がヤバい。世界から見た日本。

3.少子高齢化が急速に進む日本

4.洋菓子店は機械化・外注化などの効率化が更に進む

5.まとめ

 

 

では内容をみていきます。

 

1.パティシエの給料は全体的には下がる可能性が高い

全体的な傾向として下がる可能性が高いと私は考えています。

 

モチロン、一部のパティシエはより高い給料を得る人材も出てくると思います。

以前、以下の記事を書いています。

 

参考までにどうぞ。

 

過去記事

なぜ、一部のパティシエは給料が高いのか?

 

その理由について大きく3つ上げてみます。

 

2.日本の実質賃金の推移がヤバい。世界から見た日本。

 

これは日本の実質賃金の推移です。

1997年を100として2016年までの推移をグラフにしたものです。

 

右肩下がりな国が・・・・

 

 

そう「日本」です。

 

ドイツ・アメリカ・イギリス・フランスなどの先進国は軒並み上昇しているにも関わらず、日本だけですよ。。

 

これが実は現実なのです。

こういうことは新聞にもニュースにもなりません。

 

現実が報道されることは余りありませんから。

 

日本にいると中々見えないですよね。

でも世界と比較すると実は日本はまったく給料が上がっていません。

 

毎年実は社会保険料が上がり続けているって知ってますか?

給料の30%(会社負担合わせ)引かれているんですよ!

 

これが急に上昇に転じる・・というのも考えにくいですね。

 

さらに

 

3.少子高齢化が急速に進む日本

 

日本は世界の歴史上、類を見ない高齢化が進んでいます。

 

直近の10年で日本の人口は400万人減りました。

 

今後10年で更に800万人。

次の10年で更に1000万人。

 

人口が減ります。

 

人口=国の活力=経済

 

 

ですから日本の景気が悪くなるという予想は誰でもできます。

 

もう既に街の洋菓子店の倒産件数は昨年過去最高ですし、、

 

特に洋菓子店にとっては厳しい将来が待っているのはほぼ確実かと思います。

 

 

4.洋菓子店は機械化・外注化などの効率化が更に進む

先を見越している洋菓子店では、機械化や外注化の流れは水面下でどんどん進んでいます。

 

機械化や外注化できない仕事ができるパティシエはどんどん給料は上がる

 

仕事ができないパティシエは給料は下がる。

もしくは仕事自体が無くなる。。

 

これくらいシビアになっていくと私は予想しています。

チャンスを掴む人、そうでない人の2極化がより鮮明になるということです。

 

 

5.まとめ

・パティシエの給料は全体的には将来は下がる方向に

 

・日本の実質賃金は実は下がり続けている

 

・少子高齢化が今後急速に進む

 

・機械化・外注化の流れがある

 

・高い給料を得るパティシエとそうでないパティシエの2極化がより鮮明になる

 

この記事を見て「危機感」を持ちぜひ「高い給料を得る一部のパティシエ」になれるよう頑張りましょう!

 

国の大きな流れは誰にも止めることはできません。

 

その未来を予測し、自分の考え方、行動を変えて適応させていくことはできます。

 

自分の仕事への取り組みを今一度見直すきっかけとして頂けると嬉しく思います。

 

 

お互いがんばりましょう!

 

 

それでは!

 

 

関連記事

おススメの記事