» パティシエが独立開業を果たす為に必要なこと
 » パティシエが独立開業を果たす為に必要なこと

パティシエとしての技術・キャリア・経営・心構え

パティシエが独立開業を果たす為に必要なこと

パティシエが独立開業を果たす為に必要なこと

こんにちは、伊東です。
小さな街の洋菓子店を経営して10年たちます。

 

「将来はお店を開きたい」
「でも、何が必要なのかはっきりとはわからない。」
「まず、コレは必要!というのが知りたい」

 

このような方のお悩みにお答えします。

 

本記事の内容

・お菓子屋さんの存続率とは?
・「協力者を得ること」が成功への近道
・失敗例「お菓子作りと経営は違う」
・どのような行動をとるべきだったか?
・私、伊東の比較的うまくいっている例
・まとめ

 

お菓子屋さんの存続率とは?

いきなり厳しい現実から。

経済産業省の2015年、2007年の統計

菓子製造小売業(和菓子含)の事業所数

2007年:30,210カ所
2015年:22,940カ所

8年で、▲7,000カ所。
毎年、900カ所近く減っているということです。

 

参考までに、企業の存続率というものもご紹介しています。

 

参考記事
パティスリー・洋菓子店の独立開業後の存続率とは?

 

決して甘い世界ではないことがわかると思います。

 

 

「協力者を得ること」が成功への近道

ズバリ、結論です。

 

「自分一人で何とかしようとしないこと」

「協力者を得ること」

 

パティシエは、お菓子作りは学びますが、店舗運営や経営・財務、マーケティングなどについては全くと言ってよいほど学ばずに独立する方が多いと思います。

 

職人ですからそれでよいと思うのですが、その結果が上記の統計にも表れています。

 

自分の苦手分野については、必ず協力してくれる人を見つけてからにしましょう。

 

以下で「失敗例」と「私自身の例」をご紹介します。

 

失敗例:お菓子作りは出来るけど経営ができない

私が経営するお店に以前こんなパティシエがいました。

 

・パティシエ歴10年
・前職は「30名規模の店舗のシェフパティシエ」
・その後、私のお店へ転職
・退職し、1年半後、独立を実現

 

実に優秀なパティシエでした。

 

ただ、私が懸念している事もありました。

 

・独立する理由が「自分が好きなケーキを作りたい」ということ

・パティシエとして優秀であるが故に、協力者が必要だと考えていない

 

結果はどうだったか?

 

開店して、1年後に閉店することに・・・
「お客さんが余りに来なくて・・」

 

何年もかけて何百万も貯めたお金がわずか1年で底を尽き、借金だけが残りました。

 

何が問題だったのでしょうか?

 

お菓子作りと、経営とは全く別であるということ

 

こんな「当たり前のこと」に気づけないパティシエは多いです。

 

彼は退職時こう言っていました。

 

「自分が考えたケーキを出したいんです。」

「店の数字のことは税理士に任せたらいいんじゃないすか?」

 

私はこの時、こう思いました。

 

・地域のお客様に必要とされるケーキを作るべき

・税理士は、税務のプロであって、「経営のプロではない」

・自分の苦手分野をカバーする対策を打っておくべき

 

「聞き入れることないだろうな」と内心思いながらも退職時に伝えました。

しかし、実行されることはなかったようです。

結果は・・1年で閉店です。

 

どのような行動をとるべきだったか?

・自分の苦手分野を、客観的に把握する
・先輩などで独立して成功している人に話を聞きに伺う
・今働いている所のオーナーに教えて頂く
・ドリームゲートなどの創業支援サイトを活用し、専門家に相談する
・苦手分野でも、出来る限りの勉強はする

 

この位やると成功確率は高まります。

とにかく、「謙虚に」人のアドバイスをもらうということです。

 

 

私、伊東の比較的うまくいっている例

私は、サラリーマン時代は経営コンサルティングの仕事をしていました。

その為、「経営の疑似体験」をかなり積むことが出来ました。

 

そして独立時から、今に至るまで行っている事は以下です。

 

・現役の企業経営者に相談し、教えて頂く

・会社員時代の先輩で独立した人に教えて頂く

・書籍への投資を継続し、学習し続ける

・ドリームゲートを活用し、専門家に都度相談をする

・デザインなど苦手分野については、自分でやるのを辞めて外注する

・お菓子作りは、シェフがプロなので、信頼して任せる

 

自分で、学習する事も継続しつつも、周りの様々な人に協力をしてもらっています。

 

これで、10年やってきています。

 

まとめ

・協力者を得ること

・過信せず「謙虚に」人のアドバイスを頂くこと

 

職人の世界でやってきている方は、
自分の好きな世界を好きなように表現したい!という方が多い印象です。

 

是非そうして頂きたいですが、その為には協力者が必要だと私は思います。

 

1人の力は無力です。

 

色々な方の力を借りて、1人ではできないより大きな事を実現していくこと。

またその能力が独立する人には求められるのではないでしょうか。

 

関連記事

おススメの記事