» 小さな洋菓子店の経営戦略:1位の商品が売上を作る「商品戦略」とは?
 » 小さな洋菓子店の経営戦略:1位の商品が売上を作る「商品戦略」とは?

現役洋菓子店経営者だからわかる
パティシエに役立つリアルな情報をお届けします。

パティシエとしての技術・キャリア・経営・心構え

小さな洋菓子店の経営戦略:1位の商品が売上を作る「商品戦略」とは?

小さな洋菓子店の経営戦略:1位の商品が売上を作る「商品戦略」とは?

こんにちは、伊東です。

洋菓子店を経営して10年たちます。

今回は、小さな洋菓子店の経営についてです。

 

「将来、独立したいけど、お菓子作りは勉強しているけど、売上はどうやって伸ばしていったらいいか?がとっても不安。やっぱり美味しければ売れるのかな?」

 

「小さな洋菓子店を開業したけど、中々売上が伸びない。でも毎日朝から晩まで本当に忙しい。何をどうしたらいいんだろう?」

 

こんな方の疑問にお答えします。

 

記事作成者を簡単にご紹介

・東証一部上場コンサル会社に7年半勤務

・洋菓子店で独立開業。10年継続中。

・お店は、市内食べログ1位

・国内2万店のうちTOP100に毎年選出

 

では記事内容いきます。

今回は「小さな洋菓子店の商品戦略」についてです。

 

本記事の内容

・1位の商品を創ることに注力する

・なぜ1位の商品を創る必要があるか?

・具体例

・まとめ

 

では、内容見ていきましょう!

 

1位商品を創る!

「売上が上げるには、新商品をどんどん出していくことがやっぱり大事だから、頑張って作っていこう!」

 

なんて思っていたら、大間違いです。

 

小さな洋菓子店は、めちゃめちゃ忙しくないですか?

 

それなのに、更に新商品を試作し、作って、商品数を増やしていくんですか?

 

そんな余裕なくないですか?

 

事務作業も結構あってメチャ大変じゃないですか?

疲労困憊

 

 

「あなたの1番のお菓子を、1位商品に創り上げる」

1位商品とは、営業エリアでもっとも認知され売れてる商品のことです。

 

これが、小さな洋菓子店が取るべき商品戦略です。

 

少し専門的にいうと、
「重点商品の決定」です。

 

なぜ1位の商品を創る必要があるか?

理由を解説します。

小さな洋菓子店の場合は以下のような状況だからです。

・色々と忙しくて余裕などない

・人材を余分に雇う余裕などない

 

・余分な資金などない

・人がいても人材育成が出来ていない

 

・新商品の開発ばっかりやる余裕などない

・毎日の営業で精一杯

もう「ナイナイづくし」です。

実際にやるとわかりますが、ホント大変なんです。。

 

だから、以下が重要になるわけです。

 

「商品数を絞り、人、物、金を重点的に投下」

 

さらに、この商品戦略のメリットは以下です。

 

製造の効率が上がる

→更に、機械化などできれば大幅に生産性UP

 

・ムダな在庫が減る

→商品種類が多いと、在庫が増えてしまう

 

・在庫の回転が良くなる

→資金繰りが楽になる

 

・◯◯といえばA店というブランドができる

→売上が上がる

 

具体例をあげます

あなたの近くのお店にも、ありませんか?

A店といえば、◯◯! みたいなものです。

 

 

・エス・コヤマの「小山ロール」

・モンシェールの「堂島ロール」

ロールケーキ

 

どちらも、もともと1店舗で小さく始めたお店です。

「1位の商品」を創った事で大きく伸びた例です。

 

具体例②「私の場合」

私自身も取り組んでいます。

 

去年、1つの商品で12万枚以上売れました!!

小さな洋菓子店にとっては、充分です。

 

今年はもっといきそうな予感😆
ホント、感謝!!!

 

まとめ

・1位の商品を創ることに注力する

・1位商品とは、営業エリアでもっとも認知され売れている商品

・人、物、金を重点的に投下する

 

大手や、近隣の競合店と同じことをやっていては、私達のような小さな洋菓子店は絶対にかないません。人、物、金、情報、全てにおいて圧倒的に私達は不足しているからです。

 

また、小さな洋菓子店は「とにかく忙しい」です。

 

適切な戦略を立て、最大限の成果を得る

 

これが大事です。

 

 

参考にして頂けると幸いです。

 

それでは!

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

おススメの記事